役者になるためには何したらいいの?

役者のジャンルにも、いろんなものがあります。例えば、

・TVなどを中心として活動する映像俳優

・舞台中心の舞台俳優

・歌って踊るミュージカル俳優

・アクションが素晴らしいアクション俳優

・映画を中心とする映画俳優           などなど。

ぶっちゃけ、『私は役者です』っていえば、だれでも役者になれちゃうわけなんですけども。

毎日普通の人と同じような生活(朝からバイトして終わって友達と遊ぶとか)してる役者もたくさんいますね^^ 〝これをやりなさい!”なんて言ってくれる人も周りにいない、結構孤独な活動だからこそ、自分で自分をマネジメントする必要性があります。

では、一体何をしたらいいのか?

4つのポイントを紹介したいと思います^^

 

①ボイストレーニング

これは得象でも舞台でもミュージカルでも共通して必要なこと。声量を鍛える、コントロールできるようにするために必要です。自分の発している声色やボリュームを理解したうえで、台詞や歌に使うことが大事になります。独学でやるには限界があるのでやはりプロのトレーナーさんに教わったほうが成長も早いです。

トレーニング料金の相場

1時間あたり5000円~10000円以上

※トレーナーによって金額は変わります。

 

②ダンスレッスン

ダンスは苦手・・・という理由でやらない人多いですが、好き嫌いで判断してはいけません。ダンスはリズム感、体の柔軟性を高めるだけでなく、美しい立ち姿や振る舞いに大きく影響を与えてくれます。

実際私も昔は、人前での立ち方に無意識で内股猫背の今考えると本当にみぐるしい姿でした。あるとき、元宝塚のトップスターである女優さんに『立ち方が悪いからダンスをやりなさい』とおっしゃっていただいたことがきっかけで、ジャズダンスを始めました。

レッスンを受ける中でダンスの仕事もやるようになり、〝なにが美しいのか”という俳優の美的感覚に変化していきましたし、手先足先頭の先まで常に意識が向けられるようになりました。

レッスン料金の相場

1時間半約3000円~

※スタジオによって異なります。月額やチケットをまとめて購入したほうが多少安くなります。

 

③演技トレーニング

どのジャンルに役者にも必要です。現場で揉まれて成長する部分もありますが、自分を見直すコンディショニングや発声の基礎・創造力を養うのに役立ちます。

ワークショップ形式料金の相場

1回5000円~

※時間は講師によって様々です。2時間のところもあれば10時間~数日間のWSもあります。

 

 

以上の3つで大切なポイントは、『自分より実力が上の人たちがいる環境を見つけて身を置く』ということです。志高く、プロ意識を持っている人たちには無駄なことがありません。

売れない役者ほど、トレーニング後にみんなで飲みに行きうんたらかんたら愚痴や不満を述べるものです。売れる人は、トレーニングの後にも自分で決めているトレーニングや作業があるのでさくさく行動しています。

そしてプロに近い人ほどこれらトレーニングに時間と経費をかけています。見えないところで努力をし、決してそれをアピールすることはありません。なぜならそれはもう自分の生活の一部になっており、特別なことはなにもないのです。

 

最後に

④趣味を極める

なんでもいいので好きなことを極めましょう。上記3つ以外にアクションを習ったり、乗馬や絵を習ったり…役者はどんな経験も仕事として生かすことが出来ます。オーディションの際の自己PRにも自信をもって使えます。

日々時間を作り出し自分磨きを怠らないこと。

簡単なようでとても難しいです。でも、とても大切なことです。

 

 

 

 

あなたの夢を実現するために・・・  お役に立てれば幸いです^^

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

友だち追加

蘭のサイトが『人気ブログランキング』と『ブログ村』で1位になりました!



おかげさまで1位を頂きました♪
これからも皆様の応援よろしくお願いいたします(*´▽`*)♪

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっと応援お願いします(o^―^o)

おすすめサイトテンプレート

おすすめレンタルサーバー

メルマガ配信するならアスメル

メルマガ読者を増やす!

オススメクリック解析ツール

▲トップへ戻る