売れない役者と稼げないビジネスマン

売れない役者と、稼げないビジネスマンには

驚くことに同じ共通点があります。

 

そして当然ですが、

売れる役者と稼げるビジネスマン、つまり成功する人にも同じ共通点が存在します。

それは何だと思いますか?

 

先に答えを言ってしまうと、『自分をマネジメントする意識があるかどうか』 ということです。

 

あなたの周りには、自分で自分をマネジメント出来ている人がいますか?

 

私は役者を目指して活動していましたが、周りにも同じように役者で売れたい人たちがたくさんいました。

その人たちと付き合っていくうちに、売れる役者と売れない役者ではある〝違い”があることに気付いたのです。

 

売れない役者としてもう何年も活動を続けている人には、自分をマネジメントするという意識があまりありません。

 

全ては所属している事務所のマネージャー任せだったり、トレーニングを受けているだけで満足している。

自分は頑張っていると思って、そこで終わっている。

自分を

「こんな役者として育てていきたい」

とか

「どのジャンルをターゲットにしていきたい」

とか、

そういった明確なビジョンを持たずに、ただただチャンスを待っているだけ。

 

毎日朝から晩までバイトをして、週に数日トレーニングして、マネージャーからオーディションや仕事の話が舞い込んでくるのをひたすら待っている。

なにが自分にたりないのか、なにを強化すべきなのか。。。それすらわかっていない人はとても多い。

 

そして仕事がなければ事務所のせい、マネージャーのせい。。。

 

 

 

一方稼ぎたいと思いながらも稼げていないビジネスマンはいかがでしょう?

 

特に私はアフィリエイトを通してビジネスを学ぶうちに、そこでも稼げる人とそうでない人の違いが分かるようになりました。

 

 

稼げないビジネスマンや不満をもつサラリーマンというのは、与えられた仕事以外のことは自分からやろうとしない。

 

自分がどうやって稼いで、どういう方向性でビジネスをしていきたいのか、この先どうやって生きていきたいのか・・・そのビジョンが明確でないために

言われたこと以外は、何をすればいいのかもわからない。 勝手に動くのが怖い。

そういった印象を多く受けます。

そうして、

「自分は忙しいから」

「普段一生懸命働いてるから」

「会社での稼ぎが少ないから・・・」

 

と素晴らしい言い訳を並び立て行動しない。

 

 

 

売れる役者、稼げるビジネスマンには明確なマインドがあります。

 

・自分の目標、将来やりたいことが明確

・自分が今やるべきことが明確

・やれないことに対しての原因を自分以外におかない

 

 

根本的に、

役者業は『自分の人間としての魅力を売っていくビジネス』ですので、

・自分の魅力を知ること

・自分の魅力を高めること

・必要なトレーニング

を怠ることは、役者を目指す以前の問題です。

 

 

 

なにも考えないバイトで一日の貴重な時間をすべてつぶすのが、あなたのトレーニングですか?

 

 

 

 

あなたの夢を実現するために・・・  お役に立てれば幸いです^^

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

友だち追加

蘭のサイトが『人気ブログランキング』と『ブログ村』で1位になりました!



おかげさまで1位を頂きました♪
これからも皆様の応援よろしくお願いいたします(*´▽`*)♪

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっと応援お願いします(o^―^o)

おすすめサイトテンプレート

おすすめレンタルサーバー

メルマガ配信するならアスメル

メルマガ読者を増やす!

オススメクリック解析ツール

最近のコメント

▲トップへ戻る